お金借りる時の注意点

お金を借りるときにはどういったことに注意しなければならないのでしょうか。
まず第一に、借り入れ先を決めましょう。
キャッシングもクレジットカードを使いがちですが、そうすると金利が高くなります。
いろんな金融会社の金利を比較して、返済のことを踏まえた上でお金は借りましょう。
また、お金借りる際には、信用問題となりますので、契約書が必要となります。
担保や印紙代、融資手数料などが必要となる場合もありますので、注意しましょう。
お金は借り入れ金が多いと利息が上がり、少ないと利息は少なくて済みます。
他にも、利息は上限がありますので、上限を超える利息を求められたときは、悪質な金融業者の可能性がありますので、弁護士などに相談しましょう。
そして、2010年からは、消費者金融などからは、年収の3分の1を超える借り入れは出来なくなりました。
年収が600万ならば、200万しか借りることは出来ません。
ただし200万円は借りられるMAXで、審査内容によっては100万円までもありえます。
複数の金融会社から借りている場合は、全ての借り入れ金が年収の3分の1以内でないといけません。
年収には、給与やボーナス、家などを貸している場合は家賃収入、年間の事業収入などが含まれます。
ちなみに宝くじの当選金額や、競馬、パチンコなどの一時的な収入はこれらには含まれません。
専業主婦は年収と借り入れ金額は、配偶者と合算したうえで、決定します。
配偶者の同意書、婚姻関係の書類が必要となり、配偶者と合わせた上で、年収の3分の1まで借り入れが可能です。
また、お金借りるまえには、返済についてよく考えておきましょう。
限度額一杯まで借りるのではなく、自分が返せる金額まで借りるようにしましょう。
きちんと返済計画を立てることも必要です。
それに、お金借りると返せないからと言って、またお金を借りて返すことは止めましょう。
この行為は雪だるまのように金利が増えていってしまいます。
これを多重債務といい、多重債務者になると、自己破産などをしたときに、住宅ローンなどを組めなくなったり、ギャンブルなど原因のときは自己破産が認められない場合があります。
いずれにしろ、お金借りるということは、リスクを背負うことになります。
きちんと考えた上でお金を借りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>